大同印刷は、クオリティの高い製品をご提供!

スクリーニング

  • HOME »
  • スクリーニング

用語集

 用語 スクリーニング
カテゴリ製版

【スクリーニング】


スクリーニング(screening)とは、印刷をする際のドットを使って表現をする手法です。
ほとんどの印刷技術では、4色のインキをドット、もしくは点状に紙に付けています。色を重ねて色の違いを表現するのではなく、それぞれの色のドットを隣接させることによって色彩を表現しています。
より一つ当たりのドットが小さくなり、細かく点を付けられる方が画像がきめ細かくなりますし、色合いがきれいになります。

AM(アンブリチュート・モジュレーション=振幅数変調)スクリーニングとは、このドットを規則正しい間隔、形状で印刷(画像の濃淡を網点の大小で表現)する方式です。
一方でFM(フリクェンシー・モジュレーション=周波数変調)スクリーニングは、微小な一定サイズの点を濃度に応じてランダムに配置することで、画像の濃淡を微細な点の面積で表現する方式です。
二つのスクリーニング技術を比べると、ドットが細かくなるという点も併せて、FMスクリーニングの方がよりきれいに仕上がります。
AMと違いスクリーン線数や角度に無関係で、ランダムに発生した点の形状が一定であることによって色のグラデーションもかなり滑らかになりますし、画像の粗さも少なくなり、モアレやロゼッタ模様が解消出来ます。

■ 概略図8507

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6934-2121 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 大同印刷株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.